ザッツ京大

コンマ数秒の熱狂! 日本最強レベルの○○○研究会!!(「○○○」って何だ?!)

こんにちは。
「ザッツ・京・・・・・・。


突然ですが、問題です。
・2018年3月には、国内最大の団体戦で優勝。
・同じく、個人戦で準優勝。
・さらにはテレビ番組で100万円獲得者まで輩出している、
京都大学きっての強豪サークルとは何?


・・・・・・チキチキチキチキチキ・・・・・・

えっ? あっ? がっ?!

・・・・・・ブーーーーーッ・・・・・・


正解は・・・・・【京都大学クイズ研究会 Mutius(ムティアス)】です!!


・・・・・・あらためて、こんにちは。『ザッツ・京大』編集部です!

今回は、京都大学クイズ研究会「Mutius」(以下:ムティアス)を取材してきました!!

ちなみに、今回、言いたいこと。それは、

「クイズ、すごい」。

そして、

「普通じゃない」。

突然の取材にも関わらず、快くクイズの魅力を伝えまくってくれたのは、このお二人。
宮原会長と大橋副会長です。ありがとうございます!

左:会長の宮原さん(法学部3回生) 右:副会長の大橋さん(工学部3回生)。

なんとっ! 99人倒して100万円!?「ミスター切手」?

今回、取材にうかがった、クイズ研究会「Mutius(ムティアス)」は、1989年創立。現在メンバーはおよそ60名。一回生から大学院生まで各世代が広く参加しているとのこと。

ムティアスで、一番の推しメンは?と聞くと、会長、副会長ともに即答で、

「コウロギくん」。

その理由について、お二人、曰く、

「100万円、獲っちゃいましたから」。

・・・・・・ええっ??  ひゃくまんえん?!
確かに、ムティアスのホームページの「大会成績」にも書いてあります・・・・・・。

画像:Mutiusホームページ「大会戦績」より。

宮原さん「『99人の壁』というテレビ番組は、解答者が99人を相手に早押しクイズで戦うんです。自分の最も得意なジャンルで。彼は、そこで5問連続で正解して、見事100万円を獲得したんです」

んなんとっっ!! それはすごい!!! ・・・・・・ところで、興梠さんの得意ジャンルとは??

「クイズ界で、ミスター切手と言えば、知らない人はいない。それが興梠です。ふふ」

・・・・・・ミスター切手か。要チェックやで・・・・・・。(メモメモ)

 

さらに、その「大会成績」を見て行くと、

  • 「abc準優勝」

  • 「EQIDEN優勝」

など、明らかに強豪感あふれる文字が。

ちなみに、『abc(えーびーしー)』は、大学生以下が参加できる一番大きな個人戦で、一番大きな団体戦が『EQIDEN(えきでん)』とのこと。

そこで、優勝とか準優勝って・・・・・・やっぱりめっちゃ強いじゃないですか。

燦然と輝くのは、団体戦「EQIDEN」の優勝カップ。東大を破り見事優勝! 団体戦だけに、「誰が行くか」という言わば「打順」の妙もあるとか。

左:折井さん。個人戦最高峰の「abc」で準優勝の強者。右:中江さん。西日本「新人王」決定戦優勝。持っているのは団体戦メンバーとしても参加した「EQIDEN」優勝の賞状。

問題の「抑揚」で答えが!? 「アマゾン川で」だけでわかる?!

ところで、クイズの「強さ」って何なんでしょう? きっと「知ってる」だけじゃないんだろうなと思いつつ、イマイチ想像がつきません。実際、話を聞いていくと、お二人からは「先読み」、「経験・慣れ」、「指の早さ」といった言葉が出てきます。

宮原さん「例えば、ひとつには、問題を読む人の声の「調子」を聞き取って、答えを考えるみたいなことですね」

大橋さん「つまり、問題のどこに抑揚がついたかで、その後の答えがわかるというか」

・・・・・・声の「調子」? 「抑揚」? それで答えが「わかる」?? 

ハテナだらけの私に大橋さんがさらに説明してくれます。

大橋さん「例えば、「日本で一番高い山は富士山ですが」という問題が出たとします。でも、それだけだと、その後に続く問題が何かはわからない」

・・・・・・ふむふむ。

大橋さん「でも、仮にその問題文の「一番」のところに調子がついてると、経験者にはわかるんです。

ああ、「一番」の部分を変えるんだな、って。

つまり、「二番目に高い山」を聞かれるんだな(答:北岳)」

・・・・・・えええっ?!

大橋さん「でも、「一番“高い”」に調子がつくと、その後は「一番“低い”」を聞かれるんです。これは、『日和山』が正解です」

・・・・・・うおおお!! なるほどっ!! 目からウロコの私をよそに、宮原さんはにこやかに頷いてます。

宮原さん「うん。もしくは「日本で」に調子がつくとか。そうすると、その後には「世界で」を聞かれるという」

・・・・・・説明はめっちゃわかりやすいです! しかし、その思考回路、普通の人は、なかなか日常生活で出会う機会はないんじゃないかと。。

!!! そう言えば!

思い出しました! 昔、テレビでクイズ王が

「アマゾン川で」

だけで正解していました!

あれ見て本当に驚いたんです! クイズ王すごいっすよね!!

宮原さんがまたもにこやかに。

宮原さん「そうですね、アマゾン川『で』と言ったら、それは、

アマゾン川『で』、

  • 何か起こるのか、

  • 何かするのか、

になるので。普通は、起こる方、

答えは「ポロロッカ」

になりますよね」

・・・・・・(パクパク)。ああ。せ、正解です。クイズ王もそう答えてました。。

そして、大橋さんもやさしく補足。

大橋さん「それは助詞の「てにをは」で答えが決まるというものですね」

・・・・・・時代は進み続けている・・・・・・さようなら、私のクイズ王(本名覚えてないけど)。


注:【ポロロッカ】

アマゾン川で起こる、潮の干満による川の逆流現象のこと。この波でサーフィンした人もいるとか。


 

さらに、「早押し」ならではの技術、「早押し」のルールにも、さまざまなものがあるとのこと。誤答がある程度許容されるルールや、誤答するとそれまでの正解数がリセットされたり、失格になったりするものなどなど。

「つまり、その時のルールや、マル(正解)・バツ(誤答)の状況で、取るべきリスクが変わるんですよ。クイズって。でも、ライバルより早く押さなきゃいけないので、どのタイミングで問題を読み切って「押すか」という、リスクとのバランスも常に考えるんです」

・・・・・・どうやら、あるレベルに達すると、知識だけでなく、技術や戦略が重要になるようです。

  • 問い読み(問題を読む人)の抑揚を聞く。
  • 問題文の分岐点を見極めて「確定」ポイントを早める。
  • あえて早くボタンを押して、問い読みから、次の一文字がこぼれるのを拾う。
  • 音がこぼれなくても、口の形で、次の一文字がわかることがあるので口元を凝視。
  • ルールと状況により、リスクを取って、答えが確定しなくてもボタンを押す。

などなど。

・・・・・・ボタンを押すまでの、あの一瞬の間に、どれだけの思考と判断をしているんですか・・・・・・。

なんだか、脳やら首筋やらがぞわぞわしてきました。こうなるともう、実戦を見るしかない!!! ということで、ムティアスのミニ大会にお邪魔することに!

やってきました! ミニ大会。開始前からアガります!

初めての取材から3日後、行ってきました、その名も

「Mutiusへようこそ杯」。

新歓の流れからか、なごやか~な大会名。

今回は例会の時間(18時~21時)を使って開催されています。少し早めに会場に入ると、「撮りますか?」と宮原さん。その指さす方向には・・・・・・。

キターーー、早押しボタン!!!

左上:早押しボタンがつながる「親機」。問題を読む人の前に置かれます。
右上:誰より早く押したい! 早押しボタン。
下:動作テストも終了し、各テーブルに配置。あとは開始までしばしお待ちを。

 

そして・・・・・・いました! クイズ界で、今、最も熱い男。

「ミスター切手」!! コウロギさん!!

開始前の数分間、少しだけお話を聞くことができました。

「ミスター切手」こと興梠さん。工学部2回生。中高と学校にクイズ研究会がなく、京大で「念願のクイズ研究会」に。切手はクイズに関係なく小学校のころから好き。クイズの面白さは「ある程度の知識と、推測、先読み」とのこと。今回得た賞金の使い道は「旅行と・・・・・・切手」。

「ミスター切手」、めちゃくちゃ、さわやかじゃないですか!

 

さて。大会本編。まずは筆記50問!

さて、そうこうしているうちに、開始の準備が着々と。まずは、ペーパークイズの案内と問題配布がはじまりました。お言葉に甘えて、私も問題をもらいます。

ちなみに、本日のミニ大会の概要はざざっとこんな感じです。


  • 1ラウンド: ペーパークイズ・・・10分50問の筆記。

  • 2ラウンド: ローリングクイズ・回答者は着席して早押し。正解または不正解で離席して、一番後ろに並び直す。ひたすら時間内に回り続ける(正解は加点。不正解は減点)

  • 3ラウンド: 4つのルールの異なるコースを選んで勝ち抜け早押し対決!

  • ファイナルラウンド: 獲得ポイント上位の5人による決勝戦!


・・・・・・なんか「ミニ大会」というかわいいフレーズとは裏腹に、かなり、しっかりした構成です。少しずつ普通の「ようこそ」感から離れていっているのは、気のせいです。

おっと。早速、ペーパークイズが開始しました!!

ちなみに、このペーパークイズは、10分で50問。なかなかのスピードです。

上:スタートと同時に、皆さんにスイッチが入りました。静かながらも真剣な熱のようなものが漂います。
中:終了すると、解答が配られ自己採点。漢字で書くべきものは書かねばならず、なかなか採点はシビアです。
下:集計をして、各自のポイントを黒板に書いていきます。

さて、ペーパークイズの結果発表!

トップ通過は、折井さん!!・・・・・・と思いきや・・・・・・


待ったをかけたのは、この人、小松さん。あの・・・・・・折井さんって、個人戦最高峰の「abc」で準優勝の方ですよね!? ペーパークイズだけとはいえ、その上を行く?! なんだか、すごいことになってきました。。

・・・・・・えっ? 私のペーパークイズですか? いや、ほら、撮影したり、メモ取ったりで・・・・・・ゲホゲホッ。(ふう、まさか黒板に書かれるとは・・・・・・出さなくてよかったかも・汗)

ついに早押しスタート!!・・・・・・新歓っぽい? けど、手加減なしっぽい?

続いて、待望の早押しクイズに突入! ペーパークイズのポイントが低いほうから解答席に着き、早押しスタートです。答えられた人、不正解の人はどんどん抜けていってくるくる回ります。一気に、皆さんクイズモードへ。

集中。集中。集中。

さっきまでの草食性はどこへやら。

明らかに、捕食者です。

そして、ローリングクイズの後は・・・・・・ひと息つかずに、そのままコース別に突入!!

それでは、コース別のルールをざっくり説明。


  1. コースα【7マル・3バツ】:7問正解で勝ち抜け。3問誤答で失格。オーソドックスなスタイル!
  2. コースβ【7マル・7バツ】:7問正解で勝ち抜け。7問誤答で失格。誤答を恐れず押して押して押しまくる!
  3. コースγ【7up-down】:正解でプラス1ポイント。7ポイント到達で勝ち抜け。1度目の誤答でポイントがゼロに。2度目の誤答で失格。シビアっす!
  4. コースδ【7by7】:数値Aと数値Bの積がポイントになる。49ポイント到達で勝ち抜け。ゲームマネジメントが「超」必要。

しかし、このグループごとのルールもよく考えられています。ゲーム性が増すというか。先人たちの「クイズ愛」が、そこかしこに垣間見えます。

そして、メンバーの皆さんが集中すればするほど、個性が出てくる出てくる。

左列:「出てこないぃ」。「そっちかぁ」。身もだえるのはどこか痛いから?(ではない)
右列:早押しボタンを上げて行くのは、位置エネルギーが高いから?(ではない)

 

しかし、クイズのジャンルも時代も幅広い!

・・・・・・なんで、大学生が「3年B組金八先生」を早押せるのかがわからない。

「名探偵コナン」から、「モスバーガー」に関する問題、私はまったく聞いたこともない「○○の法則」や歴史的著書やら。・・・・・・正解はもとより問題の意味すらわからない。・・・・・・かと思えば、とつぜん誰もが知っている「網棚」なんて「常識」まで。

その問題の緩急や、問題文の巧さも光りまくりです!!

「問題を自分で作るのも練習になるんですよ」と、大橋さんが言っていたのはそういうことかもしれません。

そして、集中して聞いていると、「これはいける!」という問題が、素人の私にすらやってきます。そのチャンス到来感高揚感は、集中すればするほど増えてきて、心の中ではもう早押しボタン握りしめまくりです。

そして、先日の取材で教えてもらった、問題の先読み、ボタンを押してから考える、問題を読む人の口の形までよく見る・・・・・・などなど、みなさん実践してるわけです。見ごたえがありました!

と。ここで、会長の宮原さんから衝撃のアナウンスが。

「・・・・・・360問あった問題が、尽きました」

ええええっ?! 問題がなくなったってこと?! そんなことって??

「なので、他の企画用に作っていた問題からさらに100問使います」

まだ、ストックあるんですか・・・・・・。

ついに決勝! どの人も、速すぎる件。

とうとう、ファイナルラウンド、決勝です!

しかし、この決勝戦、速すぎです。何が? 問題のほとんど出だしの部分で、もうボタンが押されます。・・・・・・このメンバー、全日本強化合宿みたいなもんですかね。きっと。

  • 小松さん:ペーパートップ通過。団体戦「EQIDEN」優勝メンバー。
  • 渡邉さん:ペーパー3位。団体戦「プレAQL全国大会」準優勝メンバー。
  • 吉原さん:ペーパー5位。
  • 折井さん:ペーパー2位。個人戦「abc」準優勝
  • 中江さん:ペーパー4位。西日本「新人王」。「EQIDEN」優勝メンバー

あれ? なんでしたっけ。今日の大会の名前?

沈黙→集中→電光石火→笑いと深呼吸、みたいなルーティンがかれこれ2時間以上続いてますが。

そう。今日のメインテーマは、

「ようこそ」ですよ。「ようこそ」。

さて、気になる順位は!? (ジャカジャン!!)

  • 1位:小松さん!
  • 2位:折井さん!
  • 3位:中江さん!

でした!! 3位までは、サークル名「ムティアス」にちなんだ賞品があるとか。

  • 「む」 ⇒ カントリーマア「ム」
  • 「てぃ」⇒ スパゲッ「ティ」
  • 「あす」⇒ アクエリ「アス」

闘いを終えた、トップ3の顔にようやく大学生らしい笑顔が(笑)。

みんなも、わいわいとしだして、「祭りのあと」感が漂います。

最後に、ムティアスのみなさんの集合写真を撮影です。

・・・・・・なんで、優勝カップ持ってる宮原さんが端に座るんですか。普通、真ん中でしょ。前に前に。

そうそう! これこそ、集合写真って感じじゃないですか!!(しかし、本当に自由な人間関係っぽいですね・・・・・・)

 

 

やっぱり、「普通じゃない」。

さて、外に出ると、あたりはもう真っ暗です。

まさか、3時間ぶっ通しでクイズし続けるとは(ちゃんとした休憩ないし)。

しかし・・・・・・あそこまでみんなを夢中にさせる、クイズってすごい。

本当に、そう思いました。

大きく息を吸って空を仰ぐと、ふと、先日の取材を思い出しました。

 


【回想シーン】

・・・・・・長い休みとかは何してるんですか? 旅行とか?

宮原さん「春休みと夏休みも、週3回活動してますよ」

大橋さん「だいたい午後1時から夜9時くらいまで。休憩入れますけど7時間くらい」

・・・・・・ええっ?? な、7時間ですか?!

驚いて、つい聞いてしまいました。「大変」じゃないですか?って。
そしたら、二人に笑われました。

「いや、『楽しい』ですよ」。


 

・・・・・・そうなんです。今日も、みなさん、とにかく楽しそうでした。

「ボタンの前に立ったら、みんな平等」というか。

「好きだからそこにいる」というか。

例えば、「自然」の前だと、経験とか性別とか、手加減なんて存在しないし、それを求めないですよね。そういう「自由」さを感じちゃったんです。

「ムティアスのポリシーってあるんですか?」と何気なく聞いたんですけど、宮原さんはこう言いました。

「いや何もないんですよ。例会も大会も参加は強制しませんし。どう関わるかはその人の自由なんです。みんな普通に、バイトして、勉強して、学生してますし。・・・・・・でも、よく他の大学からは言われるんですよね。京大(のクイズ研究会)は、大学から始めた人でも強いよね、強くなるよねって」

自分のスタイルで、考えて、進んでいく。楽しみながら。

それってすごいことです。

宮原さんは、「ポリシーがないのがポリシーというか」、なんて定型句っぽく、冗談めかして言ってましたけど、その姿を見たら、納得です。

・・・・・・なにしろ、今や、会長の宮原さん自身、入学当初は「初心者」だったんですものね。

 

 

でも、やっぱり、休み中に7時間クイズって・・・・・・

 


それでは、最後に、問題です。

映画『トレイン・スポッティング』の監督、ダニー・ボイルのハリウッドデビュー作品で、日本公開時のキャッチコピーは、「誘拐 脅迫 強奪 カラオケ 人が愛のためにやること。」で知られる、映画のタイトルは?


 

そう。みなさん『普通じゃない』ですよ。

・・・・・・わかりますよね?(笑)

関連記事

関連記事はありません。

トップページ