ザッツ京大

原子炉実験施設で、アトムサイエンスを学ぶ!

こんにちは、ザッツ・京大編集部です。
京大ウィークスって知ってますか?

[京大ウィークスってなに?]
京都大学には、北海道から九州まで全国に数多くの教育研究施設があり、どこもそれはユニークなものばかり。「京都大学の窓」と老若男女のみなさまに親しまれて早や6年。京大ウィークスは、これらの施設における公開講座、講演会、施設公開等を一定期間に集中して実施するという企画なんです。

ということで、ウィークスシリーズで数本記事を書いております。
ぜひぜひ、他の記事も探して読んでくださいね。

さてさて、今回は!ちょっと緊張します。
原子炉です!原子炉と言っても、もちろん中、奥深くに入ることはできまないのですが、
今回は、ウィークスのイベントということもあり、一部の会場を使って、いろいろ実験を体験できるようになっていました。
ではでは、レポートいたします!
今回は体験イベントと講演会の様子を中心にご紹介です!

京都大学原子炉実験所 アトムサイエンスフェア実験教室 おさらいデータ

開催日:2016年10月30日(日曜日)13時00分~16時00分
場 所:原子炉実験所 大阪府泉南郡熊取町朝代西2(JR阪和線「熊取」下車。「熊取駅前」バス停より南海ウイングバス「原子力研究所」 下車すぐ)
対象:小学生~中学生
定員:50名
参加費:無料
関連リンク:http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/

アトム=原子 + サイエンス=科学

“探検家”気分で歩けば見える、
リアル研究林に感動

言うまでもなく、アトムとは=原子のことで、サイエンス=科学のことですが、「アトムサイエンスフェア実験教室2016」では、アトムやサイエンスという言葉を初めて耳にする小・中学生を対象に放射線や原子に関する安全で楽しい実験教室やバラエティ豊かな体験コーナーをたくさんご用意。子供たちが「科学の楽しさ」や「素晴らしさ」を実感できるイベントで毎年大盛況なんですよ!!


申込みはすぐに定員いっぱいに。毎年とっても人気なんだそうです。
来年もし、参加されたい方は、お申し込みはお早めに!!

科学ってなんだろう?おもしろいのかな?、、、

そんな素朴な子供たち

おもしろ実験&体験をたくさんご用意。質問コーナーでは、多くの質疑応答が行われ、予定時間をオーバーする加熱ぶりでした。

おもしろ実験&体験をたくさんご用意。質問コーナーでは、多くの質疑応答が行われ、予定時間をオーバーする加熱ぶりでした。

真剣そのもの。教えてもらった通りに実験をすると、新しい科学の発見にびっくり&感動!!
子供たちの聞きたいことに丁寧に応えるフェアのスタッフ。

真剣そのもの。教えてもらった通りに実験をすると、新しい科学の発見にびっくり&感動!!
子供たちの聞きたいことに丁寧に応えるフェアのスタッフ。

これは、何をしているところかわかりますか?
カイコの繭から絹糸をとっているんですよ!

これは、何をしているところかわかりますか?
カイコの繭から絹糸をとっているんですよ!

他にも、万華鏡づくり、紫キャベツの七変化、電気ペンなど、いろんな実験を体験しました。何が見えてるのかなぁ。いい笑顔ですよねぇ。

他にも、万華鏡づくり、紫キャベツの七変化、電気ペンなど、いろんな実験を体験しました。何が見えてるのかなぁ。いい笑顔ですよねぇ。

ちなみに!
原子炉実験所では「アトムサイエンスフェア実験教室」と並行して、「アトムサイエンスフェア講演会」も毎年同時期に開催されています。中学生から一般の方までご参加いただけます。こちらも毎年好評です。

2016年は、今、注目の元素「113番元素(ニホニウム)の発見」について、理化学研究所の森本光司氏による講演が行われました。また、さまざまな年齢層の一般の方に科学に興味を持っていただけるよう、実験所における研究を分かりやすく紹介するなど、広く情報発信しているとのこと。

取材を終えて

いかがでしたか?「アトムサイエンスフェア実験教室」。
フェア終了後、関係者の方に聞いたところ、「科学っておもしろいね」「わかりやすかった」と子供たちに好評だったそうです。
原子炉実験所と耳にすると、すぐ原子力発電のことを連想しがちですが、実際のところ、科学・物理学・生物学の基礎的な学問研究をされている方が多い施設なのだとか。
「はい、どうぞ」と風船を子供たちに手渡し笑顔でお見送り。きっと子供たちにとっては、
アトム+サイエンス=京都大学をもっと近くに感じることができた一日だったはず。将来は京都大学で科学を学ぶ子が出てくるかもしれませんね。

[原子炉実験所からのおねがい]
入場の際は、年齢によらず、お一人お一人、運転免許証・パスポート・職員証・学生証など顔写真付きの身分証明書もしくは健康保険証の提示が必要です。また、小学生またはそれ以下の年齢の方の入場には、保護者の方のご同伴が必要です。ペット同伴の入場も不可です。
あらかじめご了承ください。当日は、公共交通機関のご利用をお願いいたします。

関連記事

関連記事はありません。

トップページ